団長のツーリングレポート

8月12日(日)午前7時過ぎに、尾崎団長が急逝されました。
このページを尾崎団長に捧げます。

この内容は、2009年6月にバイク好きの尾崎団長が、バイク好きに送ったツーリングレポートです。この写真添付付きのレポートを私が受け取った際に「ホームページに掲載しましょうか?」と確認したところ「数名のバイク好きが知ってくれたらええねん」と言っていました。
バンドメンバーの私以外にも、きっと送っておられたのだと思います。

みなさん こんにちは(^^♪ 男の美学がわかるあなたへの久々のツーリングレポートです。

最近 景気が大変悪いですよね~  いやな気持ちを払拭すべき旅にでました。

今回の行き先は九州阿蘇やまなみハイウェイ!

6日深夜 人が寝静まった0:30家を出発  なぜこの時間? そうです高速料金が1000円だからです。 軽自動車のETCをバイクへ取り付けての旅です。

深夜の中国道・山陽道を110キロのスピードでひたすら走る耐久ツーリングなのだ!

実際 湯布院ICまで2回の給油で止まっただけです。約300kmで給油です。

6日10:00 湯布院駅 寝る間も無く観光です。ここでの観光は由布岳が最高でした。 二輪博物館では一千万円もするビンテージバイクも・・(それも実働)

やはり湯布院では温泉である。 露店風呂で疲れも吹っ飛び、いざ別府へ

別府での観光は地獄めぐり(8箇所ある) すべて見るのに2000円もする(T_T) 金欠なので白池地獄(400円)のみ見る。

別府といえば温泉である。 またも露店風呂でくつろぐ。

さて、今日の宿はどこだ? バイカーはやはりテントだ! 道の駅湯布院へ行くがテント禁止!!

ここでめげないのが俺 道向かいの湯布院IC横に高速バス乗り場の待合所があったのでここに決定!

早速 Aコープでチキン・サラダ・おにぎり・そして忘れてはならないビールを購入し食する。

疲れと寝不足で6:30に寝る 蚊と闘いながらひたすら寝る事に集中する。

7日5:00起床 前の道の駅で洗面を済ませ出発 今日はどんな冒険が待っているやら・・・

天気予報では夏日になるといっていたが、やまなみハイウェイ(県道11号)は濃霧のミストシャワー状態 そんな中 九重にある日本一の吊橋に到着

6:30に着いたが入場は8:30から ゲート口まで行ったら、不法侵入者警察へ連絡します。とスピーカーから音声が・・・びっくりした~

時間があるのでバイクでうろちょろ時間潰し

8:30入場料500円を払い渡るが近代的すぎて面白くない! 和歌山の谷瀬の吊橋の方がよっぽど良い。

まだ霧が出ているので朝風呂へ 露店風呂で1時間ほど休憩

さあ、メインのやまなみハイウェイを走るが路上駐車の車が多くスムーズに走れなかった。でも景色は良かったよ!

先程の温泉で聞いた大観峰へ行ってみる。 ここは阿蘇が一望できる高台である。九州らしい景色を堪能する。

ちょっと寄り道をして阿蘇山の火口へ  ガスの発生が少なく頂上までバイクで行けた。

ここは高校の卒業ツーリングで見れなかったので感激\(~o~)/

やはり噴火口 岩がごろごろと 火口の湯は緑牛乳状態 少し不気味な所だ。

この時点で2:30 そろそろ帰らなくてはならない これから8時間耐久が待っている。

4:00熊本空港IC さあ気合入れて帰るぞ~~
少し渋滞だが気にせず飛ばす!!

5:30関門橋 左の海になんだ?玉ちゃん?いや 迷い鯨 なんと潜水艦が・・初めて運行している所を見た!

本州に入ってSAでガソリンを入れるつもりが車が並んでいたのでまだいいか(この後悲劇がくるとは知る由も無かった)

次のSAでガソリンの補給が・・・・・ガーン(ToT)/~~~ 夜間休業である。 次のSAまで50km ずっと140キロで走っていたので燃費が悪い たどり着けるのか??

ここから80キロ走行 下りはニュートラル走行をしながら距離を稼ぐ!抜いた車に次々と抜かれる。

やっと着いた!21ℓタンクに20ℓ入る こんなに入れたのは初めてだ!ガソリン満タン 心も満タン さあ行くぞ!

140キロ~160キロでひたすら走り 12:00中国吹田IC  12:30帰宅であった。

高速料金 行き1350円 帰り1550円(近畿道含む) ガソリン代12000円 宿泊0円 食事はコンビニのおにぎりのみ(昼)

その他もろもろで約22000円の旅行であった。

             また次のツーリングレポートをお楽しみに(^^♪    

             男のロマンをわかる人のみに配信

             作者 尾崎伸雄